ようこそ!ゲスト さん

田口業務店 blog

time goes by

古いものを大切に。 日々の暮らしを大切に。

古民家再生プロジェクト実施中

知っ得!左官のプロがグッと来る床の仕上げ5選

[toc]

なぜ、田口時育が土間を語るのか

住宅建築の裏話

taguchitaguchi

俺は、 土間 を語りたい。

小手村 凪子小手村 凪子

妙に力入ってない? 土間って先回のブログのあれでしょ。

taguchitaguchi

そうだよ、今回は 土間ベスト5を発表する。「グッと!」くるよ。

小手村 凪子小手村 凪子

それじゃ、「グッと!」させてね。

taguchitaguchi

家には必ずあるモノ、壁と床、屋根。 極論だけど左官の仕事は、基本 壁面 と 床面 しかない。

小手村 凪子小手村 凪子

なるほど シンプルだね。

taguchitaguchi

突き詰めて考えると本質が見えてくるよ。
生活するのに、当たり前にみているでも 左官は考えている。

  • 意匠重視:壁面は、見た目やデザインが求められる 。
  • 機能重視:床面は実用性、耐久性が求められる。
左官職人は昔から床を「土間」と 呼んでいる。
小手村 凪子小手村 凪子

簡単に見えて、難しそう。

taguchitaguchi

床、土間の選び方を間違えると、後悔する事になるよ。
そんな中で、田口業務店として50年以上 私が携わって28年。年間65件以上の外構工事。 田口が思う 土間工事のベスト5を紹介するよ。

小手村 凪子小手村 凪子

了解楽しみ。

田口お勧めの土間
10
勝手口などに使われる左官工事の例
taguchitaguchi

第5位は「 モルタル
モルタル金鏝仕上。 セメント に砂や骨材を入れる コンクリート より、強度は低いが、手軽で一般的 。

taguchitaguchi

ちょっとした、2-3段の階段。勝手口なんかがこれだね。 アンティークな風合いを好まれる方に、お勧め 注意したいのは、汚れが付きやすいので気になる方には不向きかな。にじんだ感じの汚れ、これはブラシで取れない。

小手村 凪子小手村 凪子

そう言えば私の実家、おばあちゃん家。玄関はモルタル土間だった気がする。

taguchitaguchi

昔は タイル が高かったので、手軽な仕上はモルタル土間だったんだよ。

田口お勧めの土間
10
taguchitaguchi

第4位は「 磁器質タイル
モルタルよりも強度はある。最近は輸入品が安価で流通して使いやすくなって来た。 施工の良し悪しは、端部。
端っこを見ればわかる。割り付けもポイントとしてみてね。
雨の日に滑らない様に、ノンスリップ(滑り止め)を使うと良い。

小手村 凪子小手村 凪子

街を歩いて、タイルの観察してみたい。施工の良し悪しが分るって面白い。

taguchitaguchi

街歩きで「タイル観察」これは、ウォーキングに良いね。
下手くそは、すぐ分るよ。

taguchitaguchi

ヨーロッパの、 モザイクタイル ・デザインタイル をワンポイントで貼るのもお洒落。街歩きで「タイル観察」してみてね

田口お勧めの土間
10
slate, granite, roof
taguchitaguchi

第3位は石(御影石
耐久性もあり、強度もある、流行に左右されにくい。
天然素材同じものはない「本物志向」の方にお勧め、表面を加工した、「磨き」、「ジェットバーナー」、「ビシャン」など仕上も豊富。

taguchitaguchi

でも平成に入ってから、1990年代からは、石材風タイルや人工大理石なんに、押されている。 本物の石、 御影石、大理石 は ホント少なくなった。 本物の石は、素材も高いが工賃、施工費も高い。

小手村 凪子小手村 凪子

街を歩いて、タイルの観察してみたい。施工の良し悪しが分るって面白い。

田口お勧めの土間
10
taguchitaguchi

第2位はコンクリート
目にするのはこれが、一番多いと思う。駐車場のグレー色 コンクリ。 外構工事、土間仕上の「4番バッター」、下地であり仕上。 高耐久、強度は石の次、施工業者の選定がポイント(前回、田口blog参照。) 同じコンクリートでも、固さや色、施工方法で数種類ある。 次回以降で詳しい開設するね。

小手村 凪子小手村 凪子

一番よく見る、駐車場とかの床ですね。

田口お勧めの土間
10
taguchitaguchi

第1位は 洗い出し
石のカタチ、不揃いを美しく見せる技、目地の幅、バランス、美しく見せるのがポイント。だけど、今はそこまで求められないかも。床に求められる、機能性の中にも「美意識」を持ち込んでいる事は左官の特長。
殺風景な床が嫌なら、左官屋さんに相談してみて下さい。 石の大きさ、色、形でお施主さんに「美意識」に近づける床土間を提案してくれる可能性あります。

taguchitaguchi

揃ってないようで、規則性のある隙間、「不揃いの美学」。和風の店舗に多いよ 古い町並み保存地区なんかは行ったら探してみて。

小手村 凪子小手村 凪子

街歩きの楽しみが増えて来た。 田口さん、今度高級な和食屋に連れってって、そうしたら、まじまじと観察するわ。

taguchitaguchi

。。。

土間と生き方

住宅建築の裏話

小手村 凪子小手村 凪子

土間は種類がいろいろ、あるんですね。勉強になりました。

taguchitaguchi

家を建てる時は ベスト5参考にして下さいね。

小手村 凪子小手村 凪子

やっぱり、自然素材はいいね。散歩、街歩き。

taguchitaguchi

小京都と言われる街並を散策する良いよね。 この近くなら、有松の街並、東区景観地域、名古屋城などなかな。 そこに行ったら、無垢木材なんかも。見ると良いね。経年で深みが風合いが出てくる。

小手村 凪子小手村 凪子

30-50年使うものだから、流行りや値段だけで選ばないで。

taguchitaguchi

丈夫な素材 メンテナンスが簡単 飽きの来ない ってのが、ポイントだね。

小手村 凪子小手村 凪子

パートナー選びと同じだね。

taguchitaguchi

(笑) 確かに人生の神髄!名言だよ!

taguchitaguchi

床土間は、長く使っても 悪くならないのが必須。 タフな俺みたいに、打たれ強い、健康で頑丈。文句も言わずに毎日働く。

小手村 凪子小手村 凪子

田口さん、そこはちょっと違うかも? でも、床って丈夫なのがいいね。

ここがポイント

  • モルタルは味わい アンティーク感を楽しむ。
  • 磁器タイルは、整列された規則性。
  • 石。天然石は、歴史の重みと高級感。
  • コンクリートは耐久性とコストのベストミックス。
  • 洗い出しは、左官の技と落ち着きのある美しさ。



著者:田口 時育
株式会社 田口業務店 代表取締役
プロフィール:昭和40年創業の2代目、前職も含めタイルと左官に携わり30年以上の経験と実績。店舗工事や土間工事にも精通している。 「良い物は長持ち」がモットーで、古民家再生など街の困り事を左官の技術を使い解決に取り組んでいる。
対応エリア:名古屋市など愛知県内全域、その他(岐阜、三重など一部)
対応できる工事:タイル工事、土間工事、外構工事、漆喰珪藻土 など内外装工事
お薦めのデザイン:ウェーブ系, マーブル系
備考:趣味は山登りとフライフィッシング。自然に触れるのが好きで、最近は野菜作りにハマっています。